themetalk2022-2-info

インクルーシブ テーマトーク
アイデアソン参加者の様子です

特定非営利活動法人 インクルーシブデザインネットワークでは、インクルーシブデザインに取り組む皆様、およびご興味をお持ちの皆様を対象に、インクルーシブデザイン実践事例や、開発・評価手法等の最新情報の共有をはかるとともに、参加者相互の交流の機会提供を行う目的で、インクルーシブ・テーマトークを開催しています。

「2022年度 第2回 インクルーシブ・テーマトーク」開催ご案内

開催日

2023年2月7日(火)
17:30~19:00 第1部:講演および質疑応答
19:00~20:00 第2部:フリートークディスカッション(任意参加)

開催方式

Zoomによるオンラインセミナー

講演議題

誰もが等しく直面するヒアリングフレイルの理解とその対応策について

「ヒアリングフレイル」は、聴力の低下によるコミュニケーションの問題やQOL低下を含む身体の衰えです。

超高齢化社会に向け、誰しも等しく直面する聴力の低下。人口の10人に一人が難聴の問題をかかえる社会に私達は生きています。聴力機能低下によりコミュニケーションをうまくとることができない「ヒアリングフレイル」が原因で、「認知機能の低下」を疑われることがあります。聴脳科学総合研究所 所長 中石 真一路 様にご登壇いただき、この「ヒアリングフレイル」を理解し、適切な対応策を学ぶ機会としました。

中石様からは
①「ヒアリングフレイル」とは。
②「ヒアリングフレイル」の評価と予防。
③「聞こえにくい」を改善し、対話をスムーズにする対話支援システム「comuoon」
に関してお話をうかがい、会場を交えてディスカッションを進めます。

comuoonの画像1
comuoonr® SE type SG

ご講演者

中石様画像

中石 真一路(しんいちろう) 様
聴脳科学総合研究所 所長/ユニバーサル・サウンドデザイン株式会社 代表取締役/聴覚カウンセラー/ジェロントロジスト/CEO

タイムテーブル

17:00   Zoomオープン
17:30~19:00   第1部:講演および質疑応答・ディスカッション(手話、UD Talk字幕あり)
19:00   中締め
19:00~20:00 第2部: 参加希望者(任意)によるフリートークディスカッション(字幕あり)

参加費

・一般参加 1,500円 / 人
・学生参加    300円 / 人 

インクルーシブデザインネットワークの企業会員および個人会員は会費1口につき1名無料ご招待。

参加申し込み

参加申し込み締め切りました:2023年2月6日(月曜日)18:00

・一般参加および学生参加は、こちらイベント管理サイトPeatixよりお申し込みください。お申し込みの際、所属(職場名や学校名等)をご記入ください。学生参加の場合は、学校名、学部・学科、学年等をご記入ください。

申し込みは終了しました。

・インクルーシブデザインネットワーク会員はこちらよりお申し込みください。

お問い合わせ

お問い合わせサイトにリンクします

過去のインクルーシブ・テーマトーク

2022年度 特別企画
2022年10月4日(火)

「UD・インクルーシブデザインにおける新たな活動と世代間の共創に関して」

・Blined Project様
・大阪工業大学 高橋 基就 様
・芝浦工業大学 デザイン工学部 デザイン工学科 教授 橋田規子 様、学生の皆様

➡ 報告

2022年度 第1回
2022年7月5日(火)

「CSUNカンファレンス2022」にみるインクルーシブデザインの最新動向と日本の課題
・関根 千佳 氏:株式会社ユーディット会長兼シニアフェロー、同志社大学客員教授、特定非営利活動法人インクルーシブデザインネットワーク顧問

➡ 報告

2021年度 第3回
2022年3月23日(水)

『パラリンピックの残したもの』~パラリンピックで進んだこと、まだまだ残る課題~
・川内 美彦 様:アクセシビリティ研究所主宰 
・小川 歩美 様:オンボラ・コミnet 共同代表

➡ 報告

2021年度 第2回
2021年10月20日(水)

「社会課題と実践事例:『モバイルトイレ』の開発と社会に示す新たな可能性」
・トヨタ自動車株式会社 社会貢献推進部 内山田 はるか 様
・トヨタ自動車株式会社 ビジョンデザイン部 インテリアデザイン室 飯島 泰昭 様
・NPO法人 アクセシブル・ラボ 代表理事 大塚 訓平 様

➡ 報告

2021年度 第1回
2021年7月27日(火)

「実践事例:インクルーシブデザイン視点で既存エレベーターホールの動線改善」
・株式会社コンセント プロデューサー 堀口真人 様

ページトップに戻ります