ボッチャ競技体験をしました

パナアリーナで行ったボッチャ競技体験です。

今回は2020年東京パラリンピックでも競技に採用されましたボッチャについてです。皆さんはボッチャはご存知でしょうか?
ボッチャは、ヨーロッパで生まれた重度脳性麻痺者もしくは同程度の四肢重度機能障がい者のために考案されたスポーツで、パラリンピックの正式種目です。ジャックボール(目標球)と呼ばれる白いボールに、赤・青のそれぞれ6球ずつのボールを投げたり、転がしたり、他のボールに当てたりして、いかに近づけるかを競います。障害によりボールを投げることができなくても、勾配具(ランプ)を使い、自分の意思を介助者に伝えることができれば参加できます。
※一般社団法人日本ボッチャ協会のHPより今回は2020年東京パラリンピックでも競技に採用されましたボッチャについてです。皆さんはボッチャはご存知でしょうか?
今回もユニバーサルデザインの活動に関わっている仲間たちと体験しました。全員がほぼ初心者でしたが、ルールも簡単で実際にプレイすると皆さんみるみる内に上手なりエキサイティングな接戦を繰り広げることが出来ました。練習終了後は参加者全員が「楽しかった〜、、」と大満喫です。
会場は台場にあります、日本財団パラアリーナの練習体育館を使わせていただきました。パラリンピック出場を目指すアスリートの方々が使用する専用の体育館で、当日も車椅子のバスケットチームの方が練習をされていました。車椅子でバスケット競技を一般の体育館でやると床が直ぐにホイールの跡傷だらけになる様で、選手の皆さんもなかなか普通の体育館では練習できないそうです。
私たちが気にならないところにも、色々な見えない障害があるものですね。
練習は定期的に行いますのでご興味のある方は是非参加ください。2019年は練習を積んで試合に出場したいと思いますのでコーチも大募集です。

BY TAKESHI FUJIKI